fc2ブログ

いつもの海にいつもの2頭で

20240204りんくぅ (3)

20240204りんくぅ (4)

「くっさ!!」


20240204りんくぅ (5)

20240204りんくぅ (2)
「臭くはないぞ、俺さまは」


20240204りんくぅ (1)

「エヘヘ、なんちゃって」



休日はなるべく車にのせてお散歩にいきます
おかげさまで病院に行く時もスンナリ車に乗るので
楽ちん( *´艸`)

来週はいとしパパさんがおか~さん地方に来てくれます
いとしの写真を持って

いとしとの約束を守る為に(;_;)

「いとちゃん、コロナが落ち着いたらみんなでおか~
さんに会いに行こうね!」って言っていたそうです



この海を見せてあげたい・・・


お願いだから
あなたたちいい子にしてちょうだいね








↑ぽちっと・・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



吊るし雛まつり

おか~さんの自宅から徒歩20分
今年も恒例の吊るし雛まつりが開催されました

夫ちゃんと買い物帰りに立ち寄ってみました

吊るし雛飾り (7)




お店の駐車場に車を止めて
まずは店先に並んでいた野菜セットをGET
大根2本
大玉白菜1個
ネギ3本
これで500円!!


満足( *´艸`)

雑貨屋さんを覗くと

吊るし雛飾り (6)

わわわ♥



吊るし雛飾り (2)

小さくてお顔が見えませんが
このお雛様、大正時代の年代物なんだそう!!

ここの店主さん
とっても気さくな方で話がはずんで長居を
してしまいました(*^_^*)

この吊るし雛、一個つくるのに時間がかかる
ということ
エビの形の吊るし雛だと1日かかっても
作れないんだとか!
ものすごく手間ひまがかかっているんだって
それに、今ではこの生地がなかなか手に入らず
伝統を引き継ぐ人間がいないということ



そうなんだぁ~
貴重な品々なんだなぁ

そんな想いを抱きながら
テクテク歩いていくと・・


吊るし雛飾り (3)



吊るし雛飾り (4)



つるし雛



軒下に飾られた
吊るし雛たち


昔は屋台も並び、人出もあってもっと賑やか
だったけど・・・

古き良き伝統です
受け継がれてほしいな


保護活動を離れ久々に楽しんだ時間でした
また、保護活動がんばります(o‘∀‘o)*:◦♪






↑ぽちっと・・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

12月の花火

帰宅して玄関を開けたら・・
じゅんちゃんの💩が点在
お腹がゆるくてオムツからはみ出ちゃった(汗

掃除をして消毒液をスプレ-して (´Д`*)
また拭き取ってΣ(´Д`*)

保護っ子達を庭に放して、その間にじゅんを洗って
じ~さんを車から降ろして水とご飯を食べさせてから
散歩へ行く準備


そうこうしているうちに
ド・ドン

花火です
真冬の花火

20231225花火A


20231225花火_(2)A


20231225花火CA


煌々と輝く月とのコラボ

あぁ
今年ももう終わりなのですね・・・
今年は猫15匹 犬10頭 合計25頭
そのうち23頭が新しい家族の元へ旅立ちました
2頭はおか~さんと一緒に人慣れ練習中

今年は病気の子と昼夜逆転のじ~さんの世話が
メインとなった1年でした

年内もつのかなぁ~と心配したじ~さん🐶も
体力を落としながらもご飯を食べお水やミルクをゴクゴク

意外と介護生活2年目に突入できるかもしれません(^^♪



じ~さん、ガンバレ!のポチポチをおねがいしますヽ(´∀`)ノ



↑ぽちっと・・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

亡くなった子達へ

その時々で
『虹の橋』の物語を読みました

亡くなったぺットちゃんが、虹の橋で何不自由なくしあわせに暮らしています
だけどたった一つだけ心が寂しくなることがあります
それは自分を愛し、優しく抱きしめてくれた飼い主さんがいないということ

ある日、みんなと一緒に遊んでいたその子が突然目をキラキラさせて一点
を見つめ、はじかれたように走り出します
緑の草原を飛ぶように走り、
早く!早く!!
そう、その子はあなたをみつけたのです

その子はまっすぐにあなたの胸に飛び込みます
ようやく再会できたのです
二人は抱きしめあい、虹の橋を渡り天国へ向かいます
愛する子といっしょに・・・

こんなようなお話です

おか~さんも当時は、
愛犬が亡くなったのは病気の発見が遅れた自身のせい
と、非常に苦しみました


でも、鬱にもならずに立ち直れたのは、虹の橋のお話と
お火葬のスタッフさん達の気遣いだったと思います
”ペットの旅立ち”さん

物静かながらもテキパキと尻尾の先の先
ちいさなちいさなお骨までも拾ってくださった女性スタッフさん

悲しみに寄り添おうといろんなお話をしてくださった男性スタッフさん
当時はありがたいお話も悲しみで右から左の部分が大きかったけど
時間の経過と共に、
”あぁ。。こんなこと言ってたな”
”あぁ。。そうだよなぁ~”、と

思い出せるということは、その方のお人柄なのでしょう
どん底から立ち直るきっかけ
誰と大事な子を一緒に見送るか・・
そのようなことも、大切なことなんだなぁ~と


うちのじ~さんも
まだ、頑張ってくれています

カリカリフ-ドは食いつきが悪くなって吐き出すこともあるけど
缶詰ならばおいしそうに、よく食べてくれます

ひょっとしたら、まだまだ生きるかもしれない
ひなちゃんがそうであったように・・・
いや・・・
突然容態が悪化し、あっけなく逝ってしまうかもしれない


いまは、自身にできることを最大限に・・
出来るだけそばにいてあげようと思っています

来年の初日の出まで2か月半

一人も欠けることなく
クリスマスを迎えたい.゚+.(・∀・)゚+.
お正月を迎えたい‼と願っています

亡くなった時は思い出話をしながら、送り出したいと思っています


***

ペットの旅立ちさんより
頑張るジ~さん達へと支援物資をいただきました。
ご協力くださったみなさま、心からお礼申し上げます。








↑ぽちっと・・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

キジトラ♂(写真閲覧注意)

6月3日に
おか~さんの携帯に突然、1通のラインが・・・

現在、詳細確認中
複数人とたくさんのラインのやり取りをしています


キジ足欠損 (3)

キジ足欠損 (2)

キジ足欠損 (1)

罠にかかり前足切断
むろん、野良猫
足先であればトラばさみにかかってしまったのだね。゚(゚´Д`゚)゚。
と思えるけれど・・

どの程度の傷なのか
写真だけではわからない
ハエが多くなる季節
傷口に卵など産み付けられたら!
無数のウジが皮膚を食い破る

妄想が安眠妨害
現在寝不足進行中(*´~`*)

おか~さんは一般人からの引取はしません!
そうなんです、しないんです・・・そう・・
でも、これって治療せずに放置したら・・・
マズイよね???






↑ぽちっと・・・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、11年間で繋いだ命は450匹を超えます。
現在犬は老犬を中心に猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR