FC2ブログ

ようこそ。新入りニャンコ!

口元のほくろがチャ-ミングなオス猫。
その名は、「ゴエモン」 なんか一目見て、ゴエモンって文字が浮かびました(^∇^)

1菫晁ュキ迪ォ_convert_20190426124656


3菫晁ュキ迪ォ_convert_20190426124729

そして、尖ったお顔のキジトラの女の子。
「リコ」

2菫晁ュキ迪ォ_convert_20190426124713

この子達の特技は安眠妨害(°_°)

何故に鳴くのか?夜中の2時・3時。
その都度、起きて「シ~~~!!」

ゴエモンはとっても臆病。人間が怖くて仕方なかった子。
転勤が決まった職員さん、Tさんだけに懐いていた子。
この子を置いていかねばならないTさん。この子の行く末を思いどんなに心が乱れていたことだろう。

最初は私に対しても、シャ-でしたが、でもなんとかなる!と思いました。
シャ-シャ-言いながらも、身体はケ-ジ越しに触れるから。
本当に嫌だったら、目をつり上げて毛を逆立てて、威嚇して、指一本触れさせまいをするだろう。

思ったとおり。
時間はかかりましたが、今は抱っこが出来るようになっています\(^o^)/

リコちゃんは瀕死の状態でセンタ-に保護されました。
骨と皮。くっきりと浮き出た骨。最悪なことにすでに低体温を起し、職員さんはこの子はダメだろう・・・と思ったそうです。
私も、最初に逢った時はあまりの姿に衝撃を受けました。
直ぐに連れて帰りたかったけど、管轄が郡山市で郡山市の保健所に出向いて手続きをとらなければならない。
いわき市から保健所まで片道2時間。なかなか時間が取れず、やきもきしました。
私が引き取るまでの間、転勤が決まったTさんが一生懸命に命を繋いでいたのです。

ガリガリだったリコは今はだいぶ肉がついて丸くなっていますo(^▽^)o

ゴエモンもリコも、手を差し伸べなければ今を生きてはいなかった。
なんだか、せつなくなる。
怖いから威嚇しているだけ。でもこういう子は処分対象になる確率は高い。

人間って安全なんだ!ってわかると甘ったれさんになる子だって珍しくは無い。
むしろ、ビビリちゃんのほうが慣れるとベッタリになる子が多いような気がする。

受け入れ先さえあれば、収容されている子は助かる。

個人では限界がある。
いわき市は「動物愛護センタ-新設」の話が何度も出ているのに、もみ消されてしまう。
上層部は何を考えているのだろう?
「収容されている数が少ないから必要ないだろう」

いやいやいやヽ(`ω´*)ノ彡☆
私達、ボランティアが必死で保健所から引き出している事実を分かっての言葉なのだろうか?
自分のやりたいこと、行きたいところ、欲しい物、そんなこんなをすべて後回しにして保護活動だけに専念している。
時には疲れた体に鞭打ち、お財布の中味にドキドキして、それでも、処分を止める為にあと1頭、あと1頭と里親様をさがす。

行政が行き場を失った犬や猫をもっと温かく見ることができれば、状況はよくなる。

なんとか、道を切り開きたい。

あれれ?今日はゴエモンとリコちゃんの紹介だけの筈だったのに。

亡くならざるを得なかった子への想いが急に溢れて、感情が抑えられなくなってしまいました・・・

辛さで胸がいっぱいになった時は、いつも保護っこを抱きしめます。

温かくてホッとします。

大事な子達です。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れ様です

自分がやがてリタイヤした時に、そうそうこんなことがあったよね。こういう子がいたんだわ!と楽しく振り返れたらいいな、とか。ネットでお問い合わせくださる里親希望者様に「大丈夫ですよ!詐欺ではありませんよ!ちゃんと真面目に保護活動をしていますよ」を伝えたくてはじめたブログ。
こんな拙いブログに、そのように思っていただけるなんて!嬉しいです。
保護犬猫達を抱きしめると、温かくて。
「よかった・・生きている」とあらてめて思います。
助けたいのに助けられなかった子を想い、今生きている子を想い。なんだか保護活動一色の生活ですが、里親様から送られてきた
眩しい笑顔の子達を見ると、素直に嬉しいです。いまの生活でいい、と思います。

いつもありがとうございます。疲れた時にまた読み返しをいたします!
励みになりました。感謝!

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR