FC2ブログ

昨日のげん(ご報告)

げんに逢いに行きました。

看護婦さんに抱かれて診察室に入ってきたげんは、私の姿を確認すると、
「お・お・おかあさんではあるまいか!」
と言って、抱っこをせがんだ・・・・・

たまらなくなって、げんを受け取り抱きしめた・・・・
いとおしくてぎゅ~~~っと。

と!!!
なにやら足に生温かいものを感じ見てみると・・・濡れてる!
おもわず 「先生!これオシッコですよね~~~~!」

昨日は抱っこしたまま、げん君オシッコをしてくれました。
保護当時を思い出してくれたのかな?

このままオシッコがでるようになり自力で食べられるようになれば退院。

まだ先のはなしになりますが、ようやく一筋のひかりが見えました。

きのう、わたしにメッセ-ジを下さった方がおります。

げんの写真から「真珠」ということばが浮かんだ。と。
「まことのたま」
心配という気持ちではなく、「愛しているよ」「ありがとう」との目一杯の愛情を球=光の玉にしてげんの身体に入れ込んでください、っと。

げん君はママさんと一緒になって保護活動のお手伝いをしていたのだ。。と。
”浄化”という形をとって。
”ときに動物は愛する人の為に浄化を請け負ったりする。愛する人を助けるために”


アニマルヒ-リングが出来る方にも、おなじような事をいわれた事があります。

目に見えない不思議な力ってあるのです。
科学では証明のできない事はいくらでもあります。

げん君は自分の体をつかって、具合の悪い子達を楽にしてあげていたのかもしれない。
FIPを発症したマ-チが歩けるようになっているのも・・・げん君?

早くもどっておいで!
戻ってきたら、いつも一緒にいよう。
いつも抱っこしていよう!

げん・・・愛しているよ。


DSC_0544_convert_20190729114256.jpg
IMG_0527_convert_20190613124744.jpg






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR