FC2ブログ

まろん

我が家には「まろん」という超ビビリの犬がいる。
見知らぬ人間がくると、しっぽを股に挟んで、へっぴり腰で後ずさる。

まろん2DSC013061

この子との出会いは今でも鮮明に思い出すことができます。
犬が1頭譲渡となり、空いた枠で1頭を保健所から連れてくることに。
主人・・「早く譲渡が出来るように、人慣れした可愛い子にしようね」

目の前に連れてこられたのは2頭の犬。
白い子は、本当に可愛い子。すぐにお腹をみせちゃう。
こむぎ
こむぎDSC02008
こむぎ3

対する、ブチっ子ちゃんはガクガクブルブル震え、どう見ても入りっこない狭い空間に身体をねじ込もうとしている。
顔を見ようとしても、顔をあわすことが出来ない。
アイコンタクトなんてとんでもない!
主人は、一瞬でどちらの子を連れて帰るかを決めたと見えリ-ドとケ-ジを取りに車へ。

どうしょう?どうしょう?どうしょう!!!
この子をここに置いて行けば間違いなく処分されてしまう。
こんなに怯えているのに。
ある光景を見て、「そっか。そうだよね。おまえも一緒に帰ろう・・・」とつぶやいた。

ある光景・・・それは、職員さんが身をかがめブチっ子ちゃんの傍らに座り、背中をさすっている姿。
どんな想いでさすっているのだろう・・・・後ろ姿ゆえ顔は見えない。でも、顔なんて見えなくたってわかるよ。

どちらかを選ぶ。命の選択。
同じ土俵に上がることすらできない子に対し「選ぶ」なんて事はできなかった。強い懇願の視線を主人に向けて、有無を言わせず引き取ったのがつい先日のようです。

白い子はあっという間に譲渡になりました。
ブチっ子ちゃんは”まろん”という名をつけ、いまも我が家に(*^_^*)!

お母さんっ子のまろんは、私の姿を見るとはじけた笑顔で走ってきます。
しがみついてなかなか離してくれません \(//∇//)\テレッ
まろん

”ビビリの子は心をひらけば、ベッタリちゃんになる子が多い”とよく耳にしますが、たしかにそう思います。

まろんは他人に対しては固まってしまい、触れようとするとビビリまくって逃げまどいますので、しっぽちゃんのおうちの子デス。
でも、いつかビビリを克服し、普通の子になった時は里親募集を考えようとおもいます。
もうしばらくは、お・あ・ず・け。

これからもよろしくね!まろん!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR