FC2ブログ

被害猫。

胸がしめつけられる。

なんということを。。。。

一匹の猫さんが保護され病院に連れ込まれました。
緊急手術のうえ、片手、片足の指を失いました。

DSC_1975_convert_20200113125139.jpg


話によれば、トラバサミをバッタンバッタン引きずりながら、人間に近寄ってきたそうです。
捕獲時は大暴れをして保護した方も怪我をされたようです。

野良猫さんから人間に近寄るなんて、よほどの激痛だったのでしょう。

解せないのは、すでに後ろ足の指は大けがをしています。
それなのに何故?前あしにトラバサミがぶらさがっているの?

同じ個所に2つも仕掛けていたの?
ちょうど、前足と後ろ足が挟まれるように計算して?

ひょっとして、後ろ足が挟まれて動けなかったところを捕獲され、トラバサミを前足に食い込ませ、放されたのでは?

そんな事をおもい、苦しい日々を送っておりました。

でも、もぅ大丈夫。

手術をして今は、ご飯も食べ、温かい病院に入院しています。


DSC_1974_convert_20200113125116.jpg

退院後は一時預かり様宅でゆっくり療養いたします。

当面、里親募集は難しいでしょう。

まずは、”もぅ安全なんだ!”ってわかってもらえればいいな。

美味しいご飯をたくさん食べて、陽のあたる温かい場所でゆったりしてほしい。

二度と、こんなヒドイ目に遭わないよう一時預かり様と連携を取りながら”今後”を決めて行きます。

一時預かり様は私など、足元にも及ばない保護活動のプロですから、安心です!

この子はリリ-スはいたしません。

指を失った猫さんは過酷な外の世界では生きてはいけないでしょう。

一日もはやく、こころの傷が癒えますように・・・・

そして、心ある優しい方とのご縁が繋がりますように・・・・・祈





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR