FC2ブログ

奇跡のリレ-

今月に入り、保健所から引き出した犬は3頭。
なのに、処分が止まらない・・・・
今月末に命が繋がるか危うい子はこの子達。

「太一」
螟ェ荳€_convert_20180825092223
「おばちゃん…僕、僕は危ないの?」
「たいち~~~!!(T_T)」

「おりん」
-繧サ繝・ち_convert_20180825092357
「おや、あんた。またきてくれたのかぇ~。いつも魚をすまないねぇ~」
「おりんちゃ~~~~ん!!(T_T) 」

なんとか2頭を助けられないものか。処分は決して安楽死ではない。二人にのたうちまわる苦しみを与えたくはない。
頼みのボランティア団体もどこもかしこも一杯。泣きたくなる。

「太一はじいじと仲が良く、いつも一緒にくっついていた」と職員さんから話を伺い・・・え?じいじ?
じいじって先日、我が家で引き取った、あのじ~さんか!キラリ~ン.゚+.(・∀・)゚+.

じいじ↓
じいじ

それならば、我が家でなんとかなるかもしれない!
幸い、じいじと野良犬のももちゃん。全く手がかからないとってもいい子。あと1頭増えても、世話はできる。
急きょ、保健所へ受け入れの意志を伝えた。
残るはおりんちゃん。
背に腹は代えられぬ。とりあえず、一旦我が家に避難させてゆっくり里親探しをしよう・・・とおもいきやまさかの事態が!
受け入れ頭数の多さを理由に我が家への譲渡は太一で打ち切り!そんなぁ・・・おりんは?

祈る想いと絶望が入り混じり、心当たり数人に連絡をする。
無理なのは分かっている。高齢の犬を引き受けて下さる救済精神溢れる方はそうはいない。
でも、おりんは本当に嬉しそうに、茹でた魚を食べるのです。面会時は嬉しそうに差し出した手を舐めてくれる。
そんなおりんの処分は耐えられる筈がないではないか。。

たった1通のメ-ルが打ちひしがれた心に一筋の光を差し込みました。
「私で良かったら!預かって里親さん探すのも方法だよね。そのまま我が家で引き取ってもいいし」

この、メ-ルを何度も読んでうれし泣きしたのは言う間でもありません。
何とか処分停止にしたいと願い、助けたい!と動いた方々の善意の気持ちが呼び起こした奇跡のリレ-。
今月末に処分されるはずだった、2頭の命は繋がり、来週に我が家に太一が、そして千葉県におりんちゃんがそれぞれ移動となります。
一人では救えなかった命も善意の力が集まれば助ける事ができる。

今回、2頭の犬を救うにあたり動いてくださった方々に心から、心から御礼もうしあげます!

これからの子をレスキュ-することでご恩返しをいたしますね!
ありがとうございます!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR