FC2ブログ

だいちゃん うちの子

保健所から最初に猫を引き取ったのは平成24年12月25日
年末で処分のおそれがあるかも!?と保健所にいた子をまとめて連れて来ました。
その中にだいちゃんがいました。推定年齢 8か月.

なんだか・・8か月にしては大きいような・・・・(゚д゚)

希望者さまはいたけれど、なんだかおかしい・・・
話が二転三転。。。
嫌な予感がしてお断りをしました。
それ以来、うちの子。

大事な子。

先月、首が異様に腫れて病院に行ったら、リンパ腫

え?っと思ったけれどそれでも、きっと治る。
いままで危篤に陥った子を何匹も助けた主治医ならば、きっと治してくれる。

今月初めに瞳が壊れた

_convert_20200327105939.jpg

日に日に悪化しているように思えてならない。

今朝は、目から出血。

DSC_2390_convert_20200327110157.jpg

綺麗にガ-ゼで拭いて、目薬をさす。
薬がきいていないのかな?

DSC_2395_convert_20200327110218.jpg

寝ることが多くなったけど、痛がって鳴き叫んだりはしていない。せめてもの救いです。

DSC_2196_convert_20200327110136.jpg

右目は見えていない。でもこの写真は先週末の写真。ちゃんと歩いています。

きっと、また起き上がれるようになる。

そっと寝かせておこう。。。。おやすみ、だい。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!


だいちゃんの治療費はわたしのお財布からです。だってだいちゃんはうちの子ですから。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR