FC2ブログ

三度目の手術

心が重く沈みます。

土曜日に外耳炎の疑いでまさはるを病院に連れて行きました。
その時に溜まってたうんちを掻き出したのですが、
主治医いわく、以前手術したところが破れている。

お尻に腸が流れ込むのを防ぐため、メッシュを縫い付けているのですが、
毎回の排便の際の力みが悪かったのですね・・・・

IMG_20210215_071540_copy_600x800.jpg

「出んのじゃよ・・・どんなに頑張ってもスッキリ出んのじゃ。苦しゅうてのぉ~」

あまりに元気な毎日だったため、つい完治したような気になっていました。

でも、あの時先生は、「状態が悪すぎて、完治できなかった」とおっしゃっていた。

このままでは完全にうんちがでなくなってしまう。
排便が出来ないという事は死ぬということ。

今は少しではあるが排便はある。
うめきながら排出する。痛くてギャンと鳴くときもある。出血と共に排便をする。
スンナリ出るときだってある。

出してしまえば元気にまた歩き出す。散歩の出だしはもの凄い勢いで走る事だってできる。

IMG_20210215_071541_copy_600x800.jpg

なぁ。。。
まさはる。
どうしたらいいんだろうね?

手術しても、ちゃんとおか~さんの元に帰って来てくれるの?

まさはるの手術は危険なもの。

外耳炎で病院へ行っただけなのに。
あまりの展開に唖然。

また、あの手術をしなければならないのですね。

IMG_20210215_071559_copy_600x800.jpg
なんで!
なんで、こんなになる前に治療をしなかったのか!
自然に治るとでも思っていたのか!

IMG_20210215_071528_copy_600x800.jpg

「楽になりたいの~~ぉ」

今月24日に手術の予約を取りました。
きっと、主治医ならばまた治してくれる。

どうか。
どうか。。。

いつでも、こころは雨模様。





↑ぽちっと・・・・
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR