fc2ブログ

ロンくん、新たな門出

昨日、ロン君をSさん宅に連れて行きました。

最後のチェックにパスしたら、ロンをSさんに託すつもりで。

9103.jpg
ロン君。
Sさんにピッタリ寄り添いおすわりができました。

ろん1
1本のリ-ドは夫ちゃんが・・・

9100A.jpg
周りに何もない時は、じつに良い子!

9112.jpg
初めての方にも威嚇することなく、ご挨拶。

「新しい犬かい?なんでもっと若い子にしなかったんだい?」

と聞かれたけれど。
おか~さんはたまにこういう場面にでっくわすといつも思う。
加齢により犬の世話(特に散歩)が出来なくなった時に、その子はどうなるのか?と。
70代で秋田犬の子犬を飼った方がいたけれど、何年も繋ぎっぱなしにされ、とうとう
飼いきれなくなって、おか~さんが里親探しをしています。

Sさんは、最初から「若い犬はNG」と仰いました。
自分の年齢を考えた時に、最後まで責任がもてるかが不安だったのでしょう。

夫ちゃんとおか~さんが一番心配している事は、
ロンが散歩中に他の犬に反応した時の力。
ロンの力に負ければ、転倒し大けがをしてしまうかもしれない。
相手の犬や飼い主さんを噛んでしまえば、ただでは済まされないだろう。

リ-ドを夫ちゃんが持っているワケ
それは・・・・

9096.jpg
まさはる。投入!

ロンとまさはる。
犬猿の仲なのですね~

9095.jpg
ムキッてますね~

グッとロンがまさはるに向かってこようとしましたが・・
Sさんなんなく抑えることができました。

最終チェックパス!

脱走に備え、マイクロチップを埋め込んであるし、
GPSも首輪に取り付けました。

おか~さんが今回、とても頼りにしている知人。
本当にありがたいです。
ロンが万が一、脱走すれば彼女の携帯でロンを追跡できます。
彼女のご主人さまも協力してくださり、庭に脱走防止の柵を作ってくださいます。

みんなで協力し、みんなが見守れば、年齢を理由に犬を飼うことを諦めてしまった
ご年配の方でも、また犬が飼えるのではないか、と思うのです。
そうすれば老犬の処分を減らすこともできる。

団体に所属しているわけではなく個人なので、できる事は限られてしまうけど・・
でも、いつもどうすれば助かるのかな~なんて考えています。

犬や猫を飼ったら、どうかその子が最後のときを迎えるまで大切に飼ってほしい
たくさんの愛情をかけてほしい
逃げないよう脱走対策をしてほしい。
万が一の為にマイクロチップ、GPSを装着してほしい・・・

どうか…動物に優しい社会でありますように






↑ぽちっと・・・・
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、9年間で繋いだ命は400匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR