fc2ブログ

茶々との別れ

茶々a_copy_600x800_1

今朝起きて、茶々のケ-ジを覗いたら、茶々は亡くなっていました。

茶々にとって、ほんとうに言葉にできないほど辛い日々だったとおもいます。
食べたいのに食べられない。

口の中は口内炎でただれ、最後はミルクしか飲めなくなっていました。
それでも、缶詰やちゅ-るに口を付けますから、よほどお腹が空いていたのだと思います。
部屋をウロウロしてするのは、きっと自分が食べられそうなご飯を探していたのでしょう・・・

まいにち、目の前にあるホ-ムセンタ-に通い
これならば食べてくれるかな~と食べられそうな物をさがしました。

スプ-ンで口に運んでも、吐き出してしまう。

どんどん痩せていき、枯葉のようにカサカサに、細く小さくなっていきました。

何度か安楽死をさせようと思うのですが、
その度に、”仕事がつまっているから” ”保護犬の容体がおもわしくないから”と言い訳。

名前を呼ぶと、細くやせ細った身体で私に向かって歩いてくる姿にどうしても決断ができませんでした。
膝にのせると丸まって目をつぶる。

今、
わたしは、いろんな想いにとらわれてしまっています。

ただただ、虚無感。

茶々に関しては、「ありがとう」なんて言えない。
苦しめて、すまなかた。

白血病。
完治させる薬ができるとよい。

今年は別れの年。
乗り切らねばならぬのだろうなぁ・・・・





↑ぽちっと・・・・
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、11年間で繋いだ命は450匹を超えます。
現在犬は老犬を中心に猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR