FC2ブログ

心がね・・とっても温かい

この子達に里親が決定しました。

縺輔s1541921264446譏歙convert_20181113095734

里親希望者様は、韓国国籍の女子大生です。
当初は「しっぽちゃんのおうち」が提示する条件にあわず、お断りもやむ得ずと思いましたが、彼女の真剣さに心を打たれ、また彼女が私やボランティアさんを安心させるために、たくさんのご提案をしてくださり、実行してくださったことから、譲渡を決めました。

彼女が住んでいるマンションはもともとはペット不可です。
ですが、国に置いてきた犬が万が一ご両親の怪我や病気で面倒が見られなくなった時に、日本につれてきて一緒に暮らせるようにとマンションの管理会社に何度も頭を下げて、ペット可にしていただいたのだそうです。

彼女は言いました。
「どんなことがあっても一度受け入れたら、その子は私の家族なんです」と。

そしてまた彼女は、
「外国人というだけで、多くの希望を断ち切られたり、諦めたりしなければなりませんでした」ともいいました。
容易に想像はつきます。
心が砕けるような経験をたくさんしてきたのだろうなぁ・・・・

毎回頂く、長い長いメ-ルにはなみなみならぬ決意と動物に対する愛情が感じられました。
読んでいて涙がこばれます。

韓国人である自分を信頼してもらいたいという、強い強い想いを感じます。
これ程長い文章を、きちんとした日本語で綴るには、そしてご自身の想いを文章にのせるのは相当な時間がかかるはず。
この1通のメ-ルにどれほどの時間をかけたのだろう?
言葉を選び的確に伝えようと、どれほど考えたことだろう・・・・

私がこのお嬢さんの後見人になってもいいな。
そう思わせるような内容のメ-ルをたくさんいただきました。

むろん預かりボランティさんの同意もいただきました。
「メ-ルを読んでいて涙が出ました」
「それほどの愛情や熱意があり、2匹一緒に引き取って下さるのなら、早く2匹にあわせてあげたい」
「慣れない、国で暮らすのは色々と不便なこともあると思います。本当に2匹が路頭に迷うことになった場合はまた引き取る気持ちでいます」と・・・・

え??って思ったよね。(*^_^*)
後見人が二人もいるってこと?☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ヤッタ!!

そして。明日が譲渡日。
東京から”ス-パ-ひたちで”泉駅にきてくださいます。それからボランティアさん宅へ。

男の子の名前は文豪「フランツ・カフカ」より、”カフカ”
女の子は文豪「ハ-パ-・リ-」より、”リィ-”
カフカは黒い烏って意味もあるからとっても気に入っているそうです(^-^)/

良かったね。お前達!
明日が楽しみです♥



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっと一押しおねがいします(#^.^#)!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここちゃんママ

Author:ここちゃんママ
東日本大震災を機に、
保健所や愛護センタ-に収容されている犬猫に里親様を見つける活動を行っており、8年間で繋いだ命は300匹を超えます。
現在、犬は老犬を中心に、猫は若い子中心の生活をしています。
老犬を助けたい!と思って引き取るも、穏やかで達観した老犬達に逆に生きる力をもらっているという、摩訶不思議!
毎日、慌ただしいながらも生命力あふれる生活をしております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR